火災保険で屋根修理!

tel.0120-703-250

無料の調査依頼はコチラ

お問い合わせNo.po26280

※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい
台風の被害は火災保険で修理しましょう!保険の申請から工事の手配までプロがサポート!下りた保険金内で修繕工事を行うことが可能! 台風被害イメージ
台風被害でお悩みの方、ぜひお気軽にご連絡ください!
電話番号0120-703-250 受付時間9時~18時 月曜~土曜対応
お問い合わせNo.po26280
※お電話の際は問い合わせナンバーをお伝え下さい

毎年襲い来る台風に悩まされていませんか?

スレートの破損
スレートの破損
テラスの破損
テラスの破損
瓦の浮き
瓦の浮き
瓦の破損
瓦の破損
垂木の破損
破風板の破損
ドアの破損
ドアの破損

修理したいけど工事費用の工面が…
突然の出費で家計に大打撃…

大丈夫です!家を無料で修理できるチャンスがあります!

お困りの方に朗報です!

台風で受けた被害には
加入中の火災保険が使えます!

point1火災保険は自然災害でも補償されます!

火災保険は火災だけではなく、様々な自然災害で受けた家の損害を補償する保険です。

例えば、台風・突風・強風などの「風災」、積雪・落雪などの「雪災」、 その他にも洪水・土砂災害などの「水災」と幅広く対象になります。 屋根の破損原因が災害によるものでしたら、工事費用をカバーすることが可能です。

point2火災保険は何度でも申請可能!

使用すると保険料が値上がりする自動車保険とは違い、火災保険は何度申請しても保険料が変わることがありません。

同じ箇所を繰り返しというわけにはいきませんが、別の災害で受けた損害であれば何度でも申請することが可能です。

point3過去の損害も補償されます!

「被災して時間も経ってるし保険は無理だろう…」というお声をよく耳にしますがそんなことはありません。

保険の申請期限は3年以内と保険法で定まられており、2年前の損害に対して保険金が下りたケースもあります。申請してみて損はありません。

火災保険が適用されれば、自己負担0円で修繕が可能です!

過去3年の台風に
保険金が下りた事例

東京都 K様【屋根の破損】

成功事例2014年9月の台風

プロの調査だから
取りこぼしもなくて安心!

保険申請のノウハウを持ったプロの調査員が家全体をくまなく調べ上げるので取りこぼしの心配はいりません!別の災害による被害があった際も一緒に申請します。このお宅は台風だけではなく雪災の被害も受けていたため全てまとめて申請した結果総額195万円の保険金が下りることとなりました。

2014年9月の台風

神奈川県 H様【軒天の破損】

成功事例2015年9月の台風

軒天が腐ってボロボロに…
工事可能です!

こちらのお宅は台風で軒天が八箇所も破損して破風板が剥がれてしまっている状態です。2015年9月の台風で受けた損害とのことですが、そこから雨が吹き込み腐ってきている様子が見受けられました。少し時間が経過し、内部に傷みが見られましたがこの被害にもきちんと火災保険が適用され、軒天をキレイに修繕することができました!

2015年9月の台風

茨城県 K様【棟カバーの破損】

成功事例2016年1月の台風

火災保険の風災補償は
台風だけではありません!

日本で起きている風災は台風だけではありません。毎年各地で竜巻や強風などを受けて、多くの建物が被害に遭っています。しかしご安心ください、火災保険の風災補償はそれらの突風も対象となるのです!特に風の強い地域にお住まいの方は日頃から気にかけておくと良いでしょう。

2016年1月の強風

火災保険レスキューに保険が使えるかどうか
有料の調査依頼をしてみませんか?

火災保険レスキューが選ばれる
3つの理由!

理由1お客様にお手間は取らせません!

保険申請や住宅工事で厄介なのは、とにかく手間がかかるという点。

しかし、火災保険レスキューにご依頼いただければ、火災保険の調査・申請から工事までを一括サポートする専門業者をご紹介します。現地調査の際に迅速に申請を行い、担当者が工事の手配まで行うためお客様のお手間は最小限となります!

理由2専門の調査員だからこそできる的確な保険申請!

ご紹介する専門業者は建設業許可を15種類取得し、保険申請のノウハウを持ち合わせているプロフェッショナルです。この二つの知識と技術を持ち合わせているからこそ適切な保険申請、そして修繕工事がお約束できます。

【※建設業許可】
建設会社が500万円以上の工事をする際に必要な資格。15業種以上取得しているのは全国でも2%の業者のみ。

理由3お客様の自己負担ゼロを追求したプラン

当サイトにご依頼頂いた場合、保険適用箇所は自己負担0円で修繕工事させて頂きます。

また、保険が適用されなかった場合、出張費用などの調査費用を請求することもございません。保険が下りても下りなくても、お客様の負担は0円となります。

まずは現地調査でお家の損害を調査してみませんか?

たった3ステップで屋根修理!
プロの調査員がサポートいたします。

step1お問い合わせ
お客様のご都合に合わせて調査日を決定します。
step2現地調査実施
ご自宅の損害調査に伺って保険の申請を行います。
step3保険金受け取り
保険会社が認定した保険金がお客様に支払われます。

自己負担0円で家の修繕工事が実現!

こんなケースも補償される?
お悩み解決コーナー

保険申請をする前に損害箇所を片付けてしまいました…
もう保険は下りない?

悩みイメージ
悩み回答イメージ

ちょっと待ってください!

片付けていても写真があれば申請できます!

損害箇所をそのままにしておくと色んな弊害が出る危険性があります。そこで残骸を片付けたりとりあえずの応急処置をされる方が多いのですが、そんな場合も修繕前の写真等があれば保険申請をすることは可能です!

火災保険は被害の程度を見極めて保険が下りるため、破損個所がそのまま残っている状態に比べれば不利かもしれません。しかしそれでも可能性はゼロではないので、諦めずに申請しましょう。

お隣から飛んできた飛来物で被害が…
付き合いを考えると請求しづらいです。

悩みイメージ
悩み回答イメージ

大丈夫です!ご安心ください!

あなたの火災保険で補償が受けられます!

台風が酷いときはご近所から瓦や植木鉢などが飛んできて被害を受ける場合もあります。そんなときはご近所に請求するのではなく、自らが加入している火災保険で補償されるのが正しいです。

被害を受けた方の中には、近隣トラブルを避けるために被害をそのままにされている人が多いのではないでしょうか?火災保険を使えばトラブルを起こすこともなく、無料で家を直すことができます!

台風の影響で自宅が浸水しました…。
風災補償の対象にはなりませんよね?

悩みイメージ
悩み回答イメージ

補償される可能性があります!

浸水被害は「水災補償」で対象となります!

台風に伴う大雨により受けた浸水被害は、風災補償ではなく水災補償の対象となります。諦めずに水災補償をプランに含めているか確認してみましょう!

台風に限らず、その他の大雨による浸水や土砂災害は水災として補償されます。火災保険レスキューでは水災や雪災の損害調査も行っているので、被害を受けた方はお気軽にご相談ください!

お心当たりがありましたら是非ご相談ください!

棟瓦の破損
棟瓦の破損
漆喰の剥がれ
漆喰の剥がれ
ベランダの破損
ベランダの破損
テラスの破損
テラスの破損
雨どいの歪み
雨どいの歪み
板金の破損
板金の破損

台風で受けた損害をそのままにしていると、
また別の災害で被害が悪化する可能性があります。
そうやって放っておくことで劣化が進めば、
いずれは保険の対象外となってしまうのです。

家を守るためにも、
無料で直せるところは
直せるうちに対処しませんか?

修繕イメージ

火災保険レスキューが
皆さまのお力になります!

火災保険レスキューが皆様のお力になります イメージ

家の損害も早期発見・早期修繕!

相談無料有料調査お気軽にお問い合わせください。

いつでもどこでも日本全国私たちが駆けつけます!

調査・相談はお電話からでも受け付けています!

お問い合わせNo.po26280

※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

ページトップへ