雨漏りや家の損害でお困りの方、当サイトにお任せ下さい!

火災保険の補償範囲!保険はどこまで補償してくれるの?

無料調査・ご相談はコチラ
電話番号:0120-703-250 電話受付時間:10時~20時(土日・祝も対応)

お問い合わせNo.ca1k979

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

火災保険の補償範囲!保険はどこまで補償してくれるの?

今回の記事では火災保険がどのような災害や事故までを補償してくれるのか、その範囲について解説していきます。

火災保険の補償範囲はその名の通り火災だけだと思っている方も多いようです。しかし、実際には火災保険の補償範囲は広く、火災以外にも台風や強風、大雪など自然災害による被害や、盗難、水漏れによる被害も補償されることがあります。

補償範囲 もくじ

火災・落雷・ガス爆発

火災、落雷、爆発

火災保険において最もベーシックな補償です。どの保険会社でも基本的にこの3つは補償内容に含まれており、契約内容によっては災害後の破損物や残存物等の処理もセットになっている場合があります。

火災

失火やもらい火、放火による火災で生じた損害を補償します。
自宅が火事になった場合に補償されるものなので、隣の家から燃え移って火事になった場合にも自分の火災保険を使うことになります。

このような場合に補償が受けられます
  • 料理していたら火が燃え上がり、壁の張り替えが必要になった
  • 隣家が火事になり自宅にも燃え移り半焼した
  • 隣家の火事による消防車の放水で自宅に被害を受けた
  • タバコの火の不始末で火事になってしまった

1つ注意したいのがタバコが出火原因だった場合です。タバコの火がちゃんと消えておらず火事になった場合には保険会社にもよりますが、補償されることが多いようです。しかし、寝タバコが原因だった場合は重大な過失とされるため、補償の対象外となります。

【関連する記事】
たばこやコンロが原因の火事、保険適用なるか?

落雷

落雷によって建物や家財に生じた損害を補償します。

このような場合に補償が受けられます
  • 雷が自宅に落ちて屋根や外壁に穴があいてしまった
  • 近所への落雷の影響でテレビやパソコン、冷蔵庫など電化製品が壊れた
  • 落雷が原因で自宅が燃えてしまった

自宅に雷が落ちても家財を補償する火災保険に入っていなければ、パソコンや冷蔵庫などの家電製品が壊れても補償が受けれませんので注意が必要です。

【関連する記事】
落雷の補償内容

ガス爆発などの破裂・爆発

ガス漏れによる爆発やスプレー缶の破裂などによる損害を補償します。
火災保険の中でも破裂・爆発の補償は利用される頻度が極端に少なく、事故件数は全保険契約の中の0.001%とも言われています。そのため、このような補償があったことを全然知らなかったという方も少ないないでしょう。

このような場合に補償が受けられます
  • ガス漏れに気づかずにコンロに点火してしまい火事になった
  • カセットコンロが爆発し建物が損害を受けた

多くの火災保険には火災や破裂、爆発によって損害を受けた保険対象の後片付けに必要な費用を補償する「残存物取片づけ費用」が自動的にセットされています。他にも、消火器の再取得にかかる費用など損害の発生および拡大を防ぐために支出した費用を補償する「損害防止費用」などが自動的にセットさせています。

万が一の時にも、どのような補償が自動にセットされているかも確認しておくことをおすすめします。

【関連する記事】
費用保険金とは何ですか?

その他の詳しい補償内容
火災、落雷、ガス爆発の補償内容

風災・雪災・雹災

風災、雪災、雹災

認知度は低いものの風災・雪災・雹災は火災保険使用率の約6割を占めています。この補償では強風に煽られた飛来物や雹により割れてしまった窓を原因とする吹き込み被害なども対象となります。

風災

台風や暴風、旋風、竜巻などにより建物や家財が受けた損害を補償します。屋根や外壁に限らず、強風で破損したアンテナなどにも適用されます。

このような場合に補償が受けられます
  • 台風の強風で屋根や雨どいが壊れた
  • 竜巻の強風でモノが飛んできて外壁に穴があいた
  • 強風でカーポート(車庫)が壊れた

台風などの強風でご自宅が破損しても「風の被害では保険は使えない」と思っている方も多いため、申請すれば保険が下りるのに申請まで至らないケースも多いようです。保険料をせっかく支払っているので、保険で直せるところは保険で直すようにしましょう。

風災で火災保険が適用された事例
150万円の保険金が下りました!
お客様情報

埼玉県 K様

保険適用箇所

屋根・雨どい・カーポート
ベランダの笠木など

詳しく内容はコチラ→

雪災

豪雪による雪の重みで建物が受けた被害や、雪崩による被害が補償されます。

近年では普段、雪が降らないような地域で大雪になることも多くなってきており、雪の影響で建物が破損したというご相談も多く頂いています。

このような場合に補償が受けられます
  • 雪の重みで屋根やカーポートが破損した
  • 雪の重みで雨どいが外れたり歪んだ
  • 雪崩に巻き込まれ建物が崩壊した

ここで注意ですが、雪解け水が川に流れだして川が氾濫する融雪洪水による被害は雪災では補償されません。融雪洪水による被害は水災で補償されます。

雪災で火災保険が適用された事例
73万円の保険金が下りました!
お客様情報

千葉県 S様

保険適用箇所

豪雪による
瓦・雨どい・カーポート破損

詳細はコチラ→

雹災

雹(ひょう)が降ったことにより建物に損傷を受け場合に補償されます。

ちなみに、雹とは直径が5ミリ以上の氷の粒のことを言います。直径5ミリ未満のものは霰(あられ)と区別されています。

このような場合に補償が受けられます
  • 大粒の雹が降ってきて窓ガラスが割れた
  • 雹が当たったことで屋根が破損した
  • 雹が降ったことで太陽光パネルが破損した

太陽光パネルは種類によって屋根の一部として建物に含まれることもあれば、建物の付帯設備や家財に分類されることがあります。契約しだいでは補償されるかどうかが変わってきますので、どのような契約で火災保険に加入しているのか確認しておく必要があるでしょう。

【関連する記事】
ソーラーパネルと火災保険の関係性

その他の詳しい補償内容
風災、雪災、雹災の補償内容

水災

水災

台風・豪雨等による洪水、融雪洪水、高潮、土砂崩れによって受けた損害が補償されます。

この補償は「損害が保険対象の時価30%を越える場合」「床上浸水または地盤面から45cm超える浸水による場合」など保険会社により基準がありますので契約内容をきちんと把握しておくことが重要です。

なお、水の被害であれば何でも補償されるというわけではありません。お風呂の水をうっかり止め忘れてしまって家を水浸しにしてしまった場合など、過失がある場合は補償を受けることができないので注意が必要です。

水災の補償内容

洪水

台風や暴風雨により発生した洪水で家屋や家財が流されたり、床上浸水などによる被害を受けた場合に補償されます。その他、ゲリラ豪雨による被害やマンホールから水が溢れだす都市型水害も補償されます。

このような場合に補償が受けられます
  • 台風で川が氾濫し床上浸水した
  • 集中豪雨により洪水が発生し床上浸水した

【関連する記事】
洪水による浸水の補償内容

土砂崩れ

豪雨による土砂崩れや地滑り、土石流が原因で家屋や家財が損害を受けた場合に補償されます。

外部的な不注意による破損等

突発的な事故

突発的な外部からのトラブル、または被保険者ご自身による不慮の破損・汚損を対象としています。しかし第三者が及ぼした損害について加害者に賠償責任が発生した場合は、補償が穴埋めされるので火災保険は適用外となる可能性があります。

外部的不注意などによる破損等の補償内容

衝突・倒壊・飛来

自動車の飛び込みや外から飛んできたボールで窓ガラスが割れた場合など、外部からの予期せぬ事故による損害を補償します。

騒擾・集団行動

デモや学生運動、内乱などの集団行動による暴力・破壊行為が原因で損害を受けた場合に適用されます。

不慮の破損・汚損

誤って家財を壊してしまったなど、日常生活で起きた破損や汚損を補償します。持ちだし家財に関する特約を付帯している場合は、外出先でのトラブルも対象となります。

漏水などによる水濡れ

水漏れ

水濡れ

給水設備の事故や他人の部屋で生じた事故で室内が水浸しになり、建物や家財に損害を受けた場合に補償されます。給水設備とは水道管、排水管、温水器、雨どいなどです。

水濡れの補償内容

このような場合に補償が受けられます
  • 水道管が破裂して水濡れした
  • 給水管が破裂して家の中が水浸しになった

盗難

盗難

盗難

強盗や窃盗の被害にあった際に建物や家財に発生した破損・汚損や、家財の盗難による損害を補償します。但し現金の補償は1回の事故につき限度額が定められているので、その範囲内のみでの補償となります。

盗難補償の実態を知ろう!意外な補償対象

まとめ

保険金の請求は、日々保険料を払っている被保険者として然るべき権利です。請求漏れを防ぐためにも、ご自分が加入している契約内容ではどういった損害が補償されるのか知っておく必要があります。多種多様な補償が用意されている火災保険ですが、これを機会にその補償範囲を確認してみてはいかがでしょうか。

また、火災保険の契約は「建物」と「家財」に分かれているので、家財を補償対象とする契約をしているかどうかで補償範囲も変わってきます。家財を補償対象としていなければ、家財が被害に遭っても補償は受けられません。自分がどのような契約をしているかも確認しておきましょう。

お電話またはメールからお気軽にお問い合わせください。電話番号0120-703-250 ※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

お問い合わせNo.ca1k979

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

雨漏りでお困りの方へ その雨漏りご加入中の火災保険で修繕可能です 屋根修理が無料?!火災保険のお得な話 台風の被害は火災保険で修理しましょう!

最新記事

ページトップ