雨漏りや家の損害でお困りの方、当サイトにお任せ下さい!

要注意!火災保険が適用されない4つの事例

無料調査・ご相談はコチラ
電話番号:0120-703-250 電話受付時間:10時~20時(土日・祝も対応)

お問い合わせNo.ca1k807

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

要注意!火災保険が適用されない4つの事例

火災保険は火事のみにならず風災・雪災・水災など様々な災害・事故に幅広く補償が認められている損害保険です。しかし、その発生原因によっては保険の適用外となる可能性があります。

今回はそういった保険が適用されないケースについて、いくつか事例をあげて詳しく説明いたします。

自然な消耗による経年劣化

経年劣化の事例

経年劣化」とは年月が経つ内に建物の老朽化が進み、破損・汚損していくことです。火災保険は基本的に災害や事故など偶発的な損害を補償することが目的であるため、自然に劣化した建物の修繕は適用外となります。特に築年数が古く老朽化が激しい建物は原因の特定が難しいことから経年劣化による損傷と判断される可能性が高く保険申請も難しくなります。

しかし築年数が古いからと言って、建物の損傷全てを経年劣化と決めつけてしまうのはよくありません。屋根や外壁は自然災害のダメージをダイレクトに受けているため、何らかのダメージを受けている可能性が非常に高いと言えます。大切なお住まいと安全な生活を守るためにも、建築の知識を持った調査業者に適切な判断をしてもらうことが大切です。

被保険者に重大な過失があると見なされた場合

重大な過失の事例

重大な過失」とは、一般的に「少しの注意を払っていれば回避できた事故の原因を見過ごした」という状態とされています。過去に裁判で重大な過失として判断された例として「寝たばこ・暖房器具の消し忘れ・ガスコンロでてんぷら油を火にかけたまま放置した・石油ストーブの燃料としてガソリンを使用した」などが挙げられます。

火災の原因がこの重大な過失に当たると裁判で判決された場合は失火者に賠償責任が発生するため、基本的に保険の適用外となります。しかし上記に挙げたケースでも状況次第では重大な過失ではないと判決されることもあり、実際に保険金が下りた実例もあります。火災発生の原因は千差万別であるため、この判断は線引が非常に難しいとされています。

地震・津波・噴火が起因となる損害

地震・津波・噴火の事例

地震や津波、噴火などの大災害には保険をかけて備えておくのが得策と言えます。しかし「地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害」はあまりにも被災規模が大きく保険会社の支払い能力の範疇を越えてしまうため、日本政府と保険会社が支払い責任を分担する「地震保険」でしか補償されないこととなっています。そのため、これらの災害に備える場合は地震保険に別途加入する必要があります。

但し、ご契約されている火災保険や付帯している特約によっては「地震火災費用保険金」が支払われることがあります。これは地震などが原因とされる火災で建物が半焼以上、または家財が全焼した場合に支払われる保険金です。「支払額は保険額の5%程度」「1事故につき、1敷地内ごとに300万円が限度」など決まりがありますが、条件は保険会社によって異なります。もしご加入の火災保険に含まれている場合は有事の際にきっと役立つと思いますので、ご契約内容を確認しておくことをお勧めします。

子どもの火遊びが原因で起きた火災

子どもの火遊びの事例

頻発する火災の原因の一つとして「子どもの火遊び」が挙げられます。災害に比べると身近で起こり得る事例ですから「子どもの火遊びが原因で失火した火災は保険が下りるのか?」という質問が寄せられることも決して少なくありません。

多くの場合、被保険者は保護者である親になるため子どもの過失は免責事項に含まれないことも考えられます。しかしその子どもの監督責任はもちろん保護者にあるので、監督を怠ったことが「重大な過失」と見なされ保護者に賠償責任が発生し、保険の適用外となる可能性は十分にあります。
補償が認められて保険金が支払われるケースもありますが、状況次第では保険会社が子どもに賠償請求をすることがあります。そうなると当然子どもには支払い能力がないため親が肩代わりをすることになり、結果的に保険金が支払われる可能性は低いと考えておいた方が良いかと思われます。

子どものやったことだからと言って簡単に保険が下りるわけではありませんので、日常生活においても十分な注意を心がけておくことが大事です。

お電話またはメールからお気軽にお問い合わせください。電話番号0120-703-250 ※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

お問い合わせNo.ca1k807

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

雨漏りでお困りの方へ その雨漏りご加入中の火災保険で修繕可能です 屋根修理が無料?!火災保険のお得な話 台風の被害は火災保険で修理しましょう!

最新記事

ページトップ