雨漏りや家の損害でお困りの方、当サイトにお任せ下さい!

火災保険とは?火災保険について知ろう

無料調査・ご相談はコチラ
電話番号:0120-703-250 電話受付時間:10時~20時(土日・祝も対応)

お問い合わせNo.ca1k72

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

火災保険とは?火災保険について知ろう

火災保険とは?トップイメージ

火災保険は、「火災」はもちろん「風災・水災・雪災」などの自然災害や、「盗難」「不慮の事故」などまで広い補償範囲をもつ保険です。

その重要度から「住まいの保険」とも称されますが、自動車保険や生命保険と比べると普段馴染みが薄い・詳細を知らないという方が殆どではないでしょうか。ここでは実際に火災保険がどのような補償をしてくれるかについて解説します。

まずは基本、火災時の適用範囲

自分の不注意で火事になってしまった時は当然自己責任なので、修繕費は自己負担と納得できます。

しかし日本には、「失火責任法(失火ノ責任ニ関スル法律)」という火事になった理由が他人(近所の家の出火など)からのもらい火であっても、出火元に重大な過失がなければ責任や賠償請求を行うことはできない法律があります。

つまり、ご自身に全く否がなく家が焼けても、原則ご自身の家はご自身の加入している火災保険でしか保険を受ける事ができないのです。「自分は注意しているから大丈夫」もしくは「たとえ火事になっても自己責任であれば諦めがつく」とお考えであっても、何時予期せぬトラブルに巻き込まれるか分かりませんので、火災保険の仕組みは知っておいて損はありません。

ちなみに賠償責任を請求できる重大な過失とは、以下のような例があげられます。

  • 寝たばこ
  • 調理中に火を付けたまま台所をはなれていた
  • 電源を入れたアイロンを布団の上に放置していた

家財にも火災保険は適用されます

火災保険は建物にのみ掛けるイメージが強いですが、家財にも適用されます。

ここで言う家財とは、冷蔵庫やテレビといった家電製品から衣類や家具も含め生活用品全般を指し、契約内容次第で貴金属や宝石、美術品なども補償の対象となります。

実はこの家財保険はかなり重要で、例えば火事になれば消防車が大量の水を放出しますよね。近くの家や部屋から出火したとし、ご自宅には運良く燃え移らなかったとしても放出された水で窓ガラスが割れたり、室内が水浸しになって家財が使い物にならなくなる可能性は十分あります。

そんな時の為に家財も保険の対象となっているのです。

火災や自然災害、日常生活中のリスクまで補償

冒頭でも触れましたが、火災保険といってもその用途が「火災」に限定されているわけではありません。さまざまな災害や日常生活中のリスクまで補償の対象とすることができます。以下に用途別に詳細をまとめていますので、気になる内容をぜひ確認してみてください。

経年劣化と思われても、実は風災や水災に該当し保険の対象となるケースは実に多くあります。一見複雑な保険にも思えますが、それゆえに広い補償範囲を持つ火災保険。適切に利用することで安心できる生活にも繋がりますので、まずは住宅・家屋の無料調査を火災保険レスキューへとご依頼ください。

お電話またはメールからお気軽にお問い合わせください。電話番号0120-703-250 ※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

お問い合わせNo.ca1k72

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

雨漏りでお困りの方へ その雨漏りご加入中の火災保険で修繕可能です 屋根修理が無料?!火災保険のお得な話 台風の被害は火災保険で修理しましょう!

最新記事

ページトップ