雨漏りや家の損害でお困りの方、当サイトにお任せ下さい!

そのリフォーム火災保険が適用されませんか?

無料調査・ご相談はコチラ
電話番号:0120-703-250 電話受付時間:10時~20時(土日・祝も対応)

お問い合わせNo.ca1k4807

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

そのリフォーム火災保険が適用されませんか?

リフォームをする前に調査しませんか?

「火災保険でリフォーム」なんて聞くと「保険を利用してリフォームなんてして良いの?」と疑問に思われる方もいらっしゃいます。確かに火災保険は突発的な事故や災害で受けた損害を補償するものであり、リフォーム費用をまかなうものではありません。火災保険レスキューが危惧しているのは「本来は火災保険で補償されるべき損害を実費負担で修繕している方がいらっしゃるのでは?」ということです。

その破損、保険が適用されませんか?

火災保険で補償される損害

リフォームを考えられているお客様にその理由を伺うと、以下のような理由が多く挙げられました。

  • 雨漏りが発生してしまったから
  • 屋根瓦が飛ばされており、今後が心配だから
  • 屋根が傷んでいるのが気になった
  • いつの間にか外壁にヒビが入っていた
  • 屋根材が欠けていることに気づいた

このようにリフォームの理由には家屋の破損が多く含まれています。ここで重要になるのはその破損が事故・災害によるものなのか、経年劣化によるものなのかということです。経年劣化による破損であれば火災保険は適用されませんが、屋根や外壁は自然災害によるダメージを受けやすく災害により何らかの被害を受けている可能性が非常に高いと言われています。

火災保険に加入しているにも関わらず、そのような損害に対して保険金を申請しないのは保険の請求漏れになります。保険料を支払っている被保険者様には保険金を請求する権利があるというのに非常に勿体無いことです。

過去の損害も遡って請求できる

保険が適用されるかもと言われても過去に受けた損害だろうから」と保険申請を見送られる方は多くいらっしゃいます。しかし保険法で保険の請求権は過去3年間が時効として定められています。各保険会社により保険法とは別に請求期限が決められている場合そちらが優先されますが、実際に2年前の災害による損害に対して保険金が下りたという事例もあります。

このように過去に受けた損害に対して保険金の申請を行なうことは可能なのです。それならば一度損害箇所を調査してみることをおすすめします。

悪徳業者に注意!

悪徳会社に注意!

保険会社や消費者センターで呼びかけられるほど屋根リフォームに関する悪徳業者は存在します。損害を偽造して保険会社に虚偽の申請をしたり、調査後に高額な調査費用を請求したりとその手段は様々ですが、火災保険レスキューでは実績のある信頼性の高い優良業者しかご紹介いたしませんのでご安心ください。
調査の結果、保険金が下りなかったとしても費用を請求することはありません。気になる破損箇所がお有りの方、何かお悩みの方はお気軽にご相談ください。

お電話またはメールからお気軽にお問い合わせください。電話番号0120-703-250 ※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

お問い合わせNo.ca1k4807

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

雨漏りでお困りの方へ その雨漏りご加入中の火災保険で修繕可能です 屋根修理が無料?!火災保険のお得な話 台風の被害は火災保険で修理しましょう!

最新記事

ページトップ