雨漏りや家の損害でお困りの方、当サイトにお任せ下さい!

火災保険の請求期限は3年!?保険の請求はお早めに

無料調査・ご相談はコチラ
電話番号:0120-703-250 電話受付時間:10時~20時(土日・祝も対応)

お問い合わせNo.ca1k3830

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

火災保険の請求期限は3年!?保険の請求はお早めに

家の破損を修理するのに火災保険を請求したいけど、今からでも間に合うの?という疑問をお持ちの方も少ないでしょう。火災保険の請求には法律で定められた期限があり、被害を受けてから請求できる期間が決まっています。

今回は火災保険の請求期限について詳しく解説していきたいと思います。

保険の請求期限は3年

保険の請求期限

保険の請求期限については保険法の第九十五条において以下のように定められています。

保険給付を請求する権利、保険料の返還を請求する権利及び第六十三条又は第九十二条に規定する保険料積立金の払戻しを請求する権利は、三年間行わないときは、時効によって消滅する。

つまり、保険の請求権は3年で時効となります。よって、過去3年より前の損害については保険を請求することはできないということになります。

しかし、実際のところ保険法とは別に各保険会社で請求期限が決められていることが多く、ご加入の保険会社の約款を確認するのが一番確実かと思われます。

「すぐ連絡しないと保険は下りない」は間違い

約款には「事故発生の際には遅滞なく保険会社に連絡しなければいけない」と記載されているため、事故直後に報告をしなければ保険金を請求することは出来ないと思われている方も多いようです。

確かに事故発生から時間が経てば経つほど事故との因果関係を立証しづらくなり、保険金が下りるのは難しくなってしまいます。

ですが、約款に請求期限が記されている以上、その期間内でしたら請求をしてみて損はありません。実際に2年前の災害による損害を請求したところ、被害が認められて保険金が下りたという事例もあります。

修繕済みでも大丈夫

修繕済みの家屋も請求できる

既に修繕を済ませてしまった後でも保険金を受け取ることは可能です。元々得られるはずの保険金を請求するのですから修繕を済ませていても被害を受けていたことが立証できれば保険金は支払われます。そのためには下記のように証拠となる書類が必要になります。

  • 修繕工事を行う前後の写真
  • 工事業者の見積り書
  • り災(罹災)証明書などの災害・事故を証明する書類

実際に受けた損害により必要書類は異なりますが、上記のような証拠書類が残っていれば当時の被害状況が確認できるので保険金が下りやすくなるかと思われます。被害直後の現場を残しておくのが最適ですが、このような証拠書類でも十分請求を行うための材料になります。

修繕後の保険請求についてはコチラに詳しく書いています。
自費で修理してしまった!火災保険の申請は今からでも遅くない!

火災保険で保険金が支払われないケース

上で書いてきたように、自然災害によって被害を受けてから3年以上が経過している場合は、保険法により損害に関する請求権が時効になってしまいますので、保険金が支払われません。

この他にも火災保険では保険金が支払われないケースがいくつかありますので、紹介しておきます。

請求期限以外で支払われないケース

まずは最も該当することの多い「経年劣化」から見ていきましょう。

①経年劣化

経年劣化」とは年月とともに建物の老朽化が進んでいき、屋根や雨どいなどが破損や汚損していくことです。自然災害や偶発的な損害でなければ、火災保険では補償されませんので注意が必要です。

例え自然災害によって受けた被害だったとしても、長い間破損箇所を放置していると経年劣化と判断される可能性があります。破損箇所を放置してしまうと自然災害が原因なのか、それとも経年劣化なのか判断が難しくなり、結果的に保険金が下りないということになりかねません。

また、屋根や雨どいなどの破損を放置していると屋根の防水機能が低下しますので、最悪の場合、雨漏りが発生してしまいます。大雪や台風などの後に破損した箇所を見つけた場合は、早めに修理することが大切です。

②重大な過失がある場合

重大な過失」とは、寝タバコ、暖房器具の消し忘れ、天ぷら油を火にかけたまま放置したなど、注意を払っておけば回避できた事故の原因を見過ごしたということです。このようなケースでは基本的に保険金は下りませんが、状況次第では下りることもあるため、一概に下りないとは言えないでしょう。

③地震・津波・噴火による損害

火災保険では「地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害」は補償されていません。地震、噴火、津波によって損害を受けた場合は「地震保険」にて補償されます。地震保険は火災保険とは別に別途加入する必要があります。

このように、火災保険では損害の理由によっては保険金が支払われないケースもありますので注意が必要です。

火災保険が適用されないケースは以下の記事で詳しく解説しています。
要注意!火災保険が適用されない4つの事例

保険の申請がまだの方はご連絡ください

去年、一昨年など、過去に自然災害で受けた被害を放置しているという方は一度、火災保険レスキューにご連絡ください。

火災保険レスキューでは、火災保険が使えるかどうか被害状況を確認する損害調査から保険の申請サポート、修繕工事までを一貫して行っております。修繕工事は下りた保険金の金額内でプランを立てますので、お客様の自己負担はありません。

まずはお気軽にご相談ください。

お電話またはメールからお気軽にお問い合わせください。電話番号0120-703-250 ※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

お問い合わせNo.ca1k3830

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

雨漏りでお困りの方へ その雨漏りご加入中の火災保険で修繕可能です 屋根修理が無料?!火災保険のお得な話 台風の被害は火災保険で修理しましょう!

最新記事

ページトップ