雨漏りや家の損害でお困りの方、当サイトにお任せ下さい!

ペットが火災の原因!?思いもよらない火災に注意

無料調査・ご相談はコチラ
電話番号:0120-703-250 電話受付時間:10時~20時(土日・祝も対応)

お問い合わせNo.ca1k29778

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

ペットが火災の原因!?思いもよらない火災に注意

家猫-猫-ペット-ペット猫-国内の猫-動物-ネコ-猫の目

火災は思いもよらない原因から発生することがあります。独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)が平成24年度から平成28年度にかけて収集した情報によりますと、ペットや小動物、虫が原因による火災が56件も発生したことが分かりました。一体、どのようにしてペットが建物に火を付けたのでしょうか?思いもよらない火災に注意しましょう!今回の記事はペットを飼われていない方も必見ですよ。

■一般的な火事の原因

まずは、一般的な火事の原因から見てみましょう。総務省が発表した平成28年の総出火件数 36,831件に対する出火原因の順位はこちらです。

  • 1位 放火 3,586 件(9.7%)
  • 2位 たばこ 3,483 件(9.5%)
  • 3位 こんろ 3,136 件(8.5%)
  • 4位 放火の疑い 2,228 件(6.0%)
  • 5位 たき火 2,124 件(5.8%)
  • 「放火」と「放火の疑い」を合わせると5,814 件(15.8%)となり、放火が原因で火災が多く発生していることが分かります。とても心配な結果ですね。地域・町ぐるみで対策を考える必要があるでしょう。

    ■ ペットが引き起こす火事とは

    チワワ-犬-子犬-かわいい-ペット-品種-動物

    ペットが引き起こす火事の割合は総出火件数に比べてかなり低く思えますが、年間で平均して4件ほど発生しているのですから、身近に起こりうると用心すべきです。では、実際にどのようにしてペットが火災を発生させるのでしょうか?いくつかの例を見てみましょう。

  • スイッチ式のガスコンロのスイッチを押して発火
  • 洗濯機の電源接続部に尿をかけて漏電して発火
  • 冷蔵庫の電源コードをかじってショートさせ発火
  • ペットを飼っている方であれば、こういった問題が起こりうるのも頷けるのではないでしょうか?

    ■ ペットだけでなく、ネズミや虫にもご注意を

    平成25年、エアコン内に虫が侵入したことで電気部品がトラッキングを起こし、火災の発生を招きました。また、平成28年にはネズミが電化製品の電源コードをかじり、断線させたことでショートし、火災が発生しました。このように、ペットを飼っていなくても動物や虫による火災が発生するのです。

    ■ ペットや動物、虫による火災を防ぐ方法

    マウス-齧歯類-動物-ラット-ホワイト-哺乳動物-毛皮

    思いもよらない火災を防ぐ方法をまとめました。下記を参考にしてください。

  • 外出する時はペットをケージに入れる
  • ペットがキッチンに入れないようにキッチンを囲う
  • ガスコンロやIH調理器のスイッチが入らないようロックをする
  • 電化製品の周りに燃えそうなものを置かない
  • 使わないときはガスの元栓を閉める
  • 電化製品はプラグから抜く
  • 小動物や害虫が侵入しないように日頃から清潔に保つ
  • 外出する際は、電化製品のプラグを抜くように徹底しましょう。それだけで、火災が発生する危険性が低くなります。

    ■火災保険の見直しを

    火災保険の種類はベーシックな火災保険から、水災、風災などのあらゆる災害をカバーしたオールリスクタイプが存在し、住んでいる地域に見合った保険を選ぶ必要があります。もし、建物の近くに川があれば、水災を付加した火災保険を選ぶなど、リスクを想定して選びましょう。詳しくは、自治体のハザードマップを見て、起きやすい災害を確認すると良いでしょう。

    今回、ご紹介したように、思わぬ火災が発生することも想定されるので、この機会に改めて火災保険を見直しましょう。火災保険でお困りのことがあれば、お気軽に当社までご相談ください。

    お電話またはメールからお気軽にお問い合わせください。電話番号0120-703-250 ※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

    お問い合わせNo.ca1k29778

    ※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

    雨漏りでお困りの方へ その雨漏りご加入中の火災保険で修繕可能です 屋根修理が無料?!火災保険のお得な話 台風の被害は火災保険で修理しましょう!

    最新記事

    ページトップ