雨漏りや家の損害でお困りの方、当サイトにお任せ下さい!

ドローンの様々な進化

無料調査・ご相談はコチラ
電話番号:0120-703-250 電話受付時間:10時~20時(土日・祝も対応)

お問い合わせNo.ca1k29609

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

ドローンの様々な進化

ドローンファントム

軍事用として開発されたドローン技術。当初は主に偵察機、無線爆撃機として活用されていましたが、1990年代に農薬散布を目的としたドローンが民間で広がり、その後、空撮という目的で個人でも使われるようになりました。そして、最近では商業での活用が期待され、ドローンが新たな進化を遂げようとしています。

今回は最近発表された最新ドローンについてご紹介します。

1) 宅配ドローン

アマゾンの宅配ドローン

2013年、アメリカのネット通販大手アマゾン・ドット・コムが商品の配送にドローンを使うことを検討していると発表。その後、小売最大手であるウォルマート・ストアーをはじめ、様々な会社が宅配ドローン事業の参入を発表し、今、それぞれの動向が注目されています。

2016年7月には、アメリカのセブン・イレブンがパートナー企業と共に、アメリカ連邦航空局認可のもとでドローンによる宅配実験を成功。また、同年12月にはイギリスのアマゾン・ドット・コムが宅配ドローンでの配達を成功させたと明らかにしました。

日本国内では内閣府と千葉市、そして楽天などの大手企業が組み、千葉市の海辺から宅配ドローンを飛ばし、海を越えて700m先の目的地に荷物を届ける実験に成功。2019年の実用化を目指すとのことです。

各国、法整備などの課題はありますが、ネットで購入した商品が空を舞い、あなたの元に届く時代まであと少しと言えるでしょう。

2)アーム付きドローン

名古屋にあるドローン専門メーカー、プロドローンは2016年9月、アームを装備した作業型ドローン「PD6B-AW-ARM」を発表しました。

最大耐荷重10kgというアーム部分は、物をつかんで運ぶだけでなく、ケーブルの切断、繋ぐ、物の設置、危険物などの回収、危険な場所での救助など、特に災害時での活躍が期待されています。

3)水中ドローン

ドローン水中

2017年5月16日、中国のドローンメーカー、Power Visionが水深30mまで潜れる水中ドローン「Power Ray」を発表し、同社Webサイトで予約を開始しました。4Kの動画撮影が可能なだけでなく、魚群探知機、魚を集める誘導灯、魚群に釣り針を置く機能など、釣り人に嬉しい機能が搭載されており、注目を集めています。水中のあらゆる情報がスマホに映し出され、誰でも簡単に使えるのも嬉しいポイントです。

販売価格は16万8,000円から。釣り好きなら購入を検討してみてはいかがでしょうか?

4)バイク型ドローン

空飛ぶバイクがロシアのドローンメーカー、HOVER SURにより開発されました。その名前は「Scorpion-3」。白を基調としたバイクの四方にプロペラが4枚付いており、そのプロペラが回ることにより、1mほど浮遊して水平移動します。試験運転の様子は同社のYouTubeで見ることができるので、興味ある方はぜひご覧ください。まさに、SFの世界ですよ。

5)ゆるキャラドローン

奈良県王寺町のゆるキャラ「雪丸」が、ドローンとなって王寺町の名所を巡る動画がYouTubeにアップされ話題となりました。この動画では、CGを全く使ってないことも話題の一つで、白くてまん丸とした雪丸が空を優雅に飛ぶ姿になんとも癒されます。

技術としてではなく、アイデアとして進化したドローンの例と言えるでしょう。

6)まとめ

今回、ご紹介したものはドローンの進化形として、ごく一部にしか過ぎません。多くの優秀な技術者のもと、より発案と開発を重ね、ドローンは私たちが想像つかない進化を遂げることでしょう。今後のドローンの進化に目が離せません。

ドローンで家の修繕箇所を調査しませんか?

修繕代金は火災保険で補償できる場合がございます。

お気軽にご相談ください!

お電話またはメールからお気軽にお問い合わせください。電話番号0120-703-250 ※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

お問い合わせNo.ca1k29609

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

雨漏りでお困りの方へ その雨漏りご加入中の火災保険で修繕可能です 屋根修理が無料?!火災保険のお得な話 台風の被害は火災保険で修理しましょう!

最新記事

ページトップ