雨漏りや家の損害でお困りの方、当サイトにお任せ下さい!

ドローンは危険なのか!?

無料調査・ご相談はコチラ
電話番号:0120-703-250 電話受付時間:10時~20時(土日・祝も対応)

お問い合わせNo.ca1k29584

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

ドローンは危険なのか!?

ドローン

まずタイトルにとして掲げている問いへの結論からお伝えします。

ドローンが危険と言っていた時代は終わりました。

センサーで障害物を感知し自動で回避し、リモコンから手を離してもその場で浮いて止まるなど、ここ数年でドローン技術は飛躍的に進み、安全性を重視したドローンが発売され、実際に活用されています。

しかし、海外メディアでドローン墜落の事故が取り上げられ、国内でも今年の2月にドローン墜落による人身事故が起き、一般的にはまだ「ドローンは危険」という認識が根付いている現状です。

安全性の高いドローンが存在するのに、なぜ墜落事故は起きてしまうのでしょうか?

今回はドローンが墜落する原因と、事故を起こさないために大切なことについてお話しましょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

カナダの墜落事故に見るドローンの危険性

昨年、カナダで起きたドローン墜落事故では、野外イベントに来ていた観客にドローンが当たり大きな怪我を負わせてしまい、ニュースで取り上げられました。カナダ運輸安全委員会が事故原因について検証したところ、操縦士による人為的ミスだったことが分かりました。

操縦士はバッテリーが少ないと理解していた上で、無理に操縦し、バッテリーが切れ人の上に落ちたとのことです。また、この操縦士は決められたガイドラインを無視して、注意を受けていたのにも関わらず、ドローンを飛ばしていたそうです。

ドローンの墜落事故はこういった知識がなく、ルールを守らない悪質な操縦士によるものが多く見られます。それらの事故は防げたものばかりなのです。

なぜドローンは墜落するのか?

ドローンのリモコン操作

改めて、ドローンが墜落する原因について考えてみましょう。

プロペラに物が当たる

操縦経験が浅いと運転が乱雑になり、少しのトラブルでパニックを引き起こします。パニックになれば、また新たな操縦ミスを重ねる、まさに負の連鎖というべき原因です。

狭い場所での操縦

自信過剰な操縦士が引き起こす事故です。その無謀さが誰かを傷つけることになります。

天候の影響を考えない

ドローンは風と雨に大きく影響されます。悪天候では思い通りに操縦できないのが当前と知るべきです。

整備点検を怠る

ドローンが機械である以上、故障はつきものです。点検、メンテナスを怠ると思いもよらない事故につながる可能性があります。

バッテリー切れ

カナダの事件もそうでしたが、このバッテリー切れの墜落事故はかなりの割合で見られます。「まだ大丈夫」と思う、自分勝手な判断が大きな事故を起こしてしまうのです。

これらの原因は事前に注意していれば防げるものばかり。

すべては操縦士の判断にかかっているのです。

操縦士に求められる資質

ドローン操縦士

操縦士にとって、操縦技術を高めるために日々トレーニングすることはもちろん大切です。しかし、何よりも大切なのはドローンで起こりうる危険を熟知し、その予防に力を注ぐということです。

少しの怠慢が取り返しのつかない事故を引き起こします。ドローンという素晴らしい技術がより安心して活用されるために、操縦士はプロとしての心構えを持つことが大切です。

そして、そのような優良な操縦士が増えればおのずと「ドローン=安全」と周知されることでしょう。そうなる日を心から願います。

優良操縦士があなたの家を診断

火災レスキューのJ Drone サービスでは熟練した技術と、安全面にこだわった優良な操縦士がドローンを活用し、あなたの家の状態をチェックします。ドローン操縦士を育成している会社だからこそ提供できるサービスです。もし、屋根や雨どいの修理など、家のことでお困りの時は、ぜひJ Drone サービスをご利用ください。

http://kasaihoken99.com/rescue/oyakudachi/29476/
お電話またはメールからお気軽にお問い合わせください。電話番号0120-703-250 ※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

お問い合わせNo.ca1k29584

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

雨漏りでお困りの方へ その雨漏りご加入中の火災保険で修繕可能です 屋根修理が無料?!火災保険のお得な話 台風の被害は火災保険で修理しましょう!

最新記事

ページトップ