雨漏りや家の損害でお困りの方、当サイトにお任せ下さい!

雨漏り症状チェックシート

無料調査・ご相談はコチラ
電話番号:0120-703-250 電話受付時間:10時~20時(土日・祝も対応)

お問い合わせNo.po12931

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

雨漏り診断チェックシート

雨漏り症状チェックシート

年間降水量が世界平均の二倍と言われているほど雨が降る日本では、雨漏りに悩まされるご家庭がとても多い傾向にあります。雨漏りは放っておくと住宅の劣化が進むほか、住人の身体に健康被害を及ぼす可能性もある非常に厄介な家の病です。今回は雨漏りに関する住宅チェックを行いましょう。

STEP1 室内でも分かる雨漏りの気配とは?

被害を最小限に抑えるためには早急に異変に気づき処置をとることが最も重要です。まずはじめに『室内に居ても感じる雨漏りの気配』をご紹介しますので実際にチェックしてみてください。

  • 室内がカビ臭く感じる。
  • 急に咳がひどくなった。
  • 雨が降ると室内が異常に湿っぽくなる。
  • 天井に染みや汚れのようなものが見える。
  • クロスに染み・剥がれ・浮きが見られる。
  • どこからかポタポタと水音がする。
  • 雨の日に結露とは異なる水滴が垂れてくる。
1つでも当てはまっていれば注意が必要!
雨漏り症状、一つでも当てはまっていれば注意が必要!

雨漏りは見えない家の通り道を伝って室内に侵入します。異臭や染みなどの異常は住宅のSOSだと思って早急に対処しましょう。定期的な点検を実施していると確実です。

STEP2 雨漏りが発生しやすい場所を調べよう!

雨水は建物の些細な隙間を掻い潜って侵入するため「雨漏りの原因特定はプロでも難しい」と言われています。しかし雨漏りが発生しやすい場所を知っていれば早めに対処することができますし、応急処置をすることも可能です。

屋根回りをチェック!

家を覆う屋根はほぼ垂直に雨水を受けるため、最も雨漏りしやすい箇所です。その上台風や積雪、落雷など自然災害による被害も受けやすいので損害箇所が水の入り口となってしまうことも。

屋根回りの雨漏りチェックポイント
  • 屋根瓦にズレや浮きが見られる。
  • スレートや瓦に割れが見られる。
  • 板金の釘が浮いている。
  • 棟瓦や漆喰が崩れている。
  • 屋根にサビやコケが生えている。

雨どいをチェック!

雨どいは雨水を排水するための重要な設備です。破損すればたちまち排水が行き届かなくなり雨漏りに直結します。

雨どいの雨漏りチェックポイント
  • 沈みや湾曲など歪みが見られる。
  • 雨どいに割れなどの破損がある。
  • 勾配が傾いている。

外壁をチェック!

本来は屋根の軒に守られているため雨漏りの原因になることは少ないのですが軒の短い住宅だと外壁に雨水が叩きつけられ、クラック(ひび割れ)や些細な隙間から水が侵入することがあります。

外壁の雨漏りチェックポイント
  • 外壁がひび割れている。
  • 雨の汚れが大量に見られる。
  • チョーキング現象が起きている。

ベランダ・屋上をチェック!

屋根が屋上のように平らな状態であることを陸屋根(ろくやね)と呼びます。この陸屋根やベランダは勾配(雨水を排出するための傾き)がないため雨水を貯めこんでしまう性質があり注意が必要です。

ベランダ・屋上の雨漏りチェックポイント
  • 防水層に剥がれや割れが見られる。
  • ドレン部(排水部分)にゴミなどが詰まっている。
  • ベランダのサッシ回りに結露ではない水滴がついている。

窓枠・天窓をチェック!

窓枠は建物との接着部やコーキング部分に要注意です。特に天窓(トップライト)を設置しているご家庭は雨漏りの危険性が高いのでこまめに点検を行うことをおすすめします。

窓枠・天窓の雨漏りチェックポイント
  • コーキングに劣化が見られる。
  • 外壁との接続部に隙間や割れがが生じている。
  • 軒が短く窓枠の上に雨水が直接当たっている。

STEP3 雨漏り被害、どう対処する?

「雨漏りは早急に対処を!」と言われても実際に被害に遭った方がとる行動は三者三様です。「そのままにしておく」「自分で修繕を行う」「専門業者に依頼する」…果たしてその結果はどうなるでしょうか。

  • 雨漏り被害をそのままにしておくと…
  • 雨漏り被害を自分で修繕しようとすると…
  • 雨漏り被害を専門業者に依頼すると…

雨漏りは放置すると二次被害を引き起こす危険性があります!

目立つ被害がないからと放置していると【白アリの発生】【ハウスシック症候群】【コンセントを伝った漏電】などの二次被害を呼ぶことも。更に濡れた木材が腐ると住宅の耐久性が急速に下がってしまいます。雨漏りを放置することだけは絶対にやめましょう。
>>「雨漏り二次被害の恐ろしさ

DIYは応急手当程度。高所の作業は危険なのでほどほどに!

最近はご自身で修繕作業をするDIYが流行っていますがあくまで応急手当程度に抑えた方が良いでしょう。誤った施工をすると雨漏りが悪化する可能性も有り得ます。また、高所での作業は慣れていないと怪我に繋がるためくれぐれも無理はしないようにお気をつけ下さい。
>>「DIYで屋根修理は危険?プロが止める理由

雨漏り修理の修繕費用は高額!?

修繕費用はピンキリですが部分補修であれば1~5万円程度、全体補修になると20~100万円ほどかかってしまいます。雨漏りの被害規模が大きければ屋根の葺き替えなど大掛かりな工事が必要になることも。早期修繕をおすすめしているのもこのためです。
>>「雨漏り調査と修繕費用の相場はいくら?

厄介な雨漏りに一体どう対処すれば…とお悩みのあなたに朗報です!

ここまで読んで頂ければ雨漏りがどれほど厄介なのかお分かり頂けたかと思います。今もあなたの知らないところで侵攻を続けているかもしれません。一体どう対処すれば……とお悩みのあなたに朗報です!

雨漏り修理は火災保険レスキューにお任せ!

自然災害が原因の被害は火災保険が適用されます!

高額な修繕工事も火災保険に加入していれば問題ありません。雨漏りの破損箇所は台風・突風や大雪、落雷などの自然災害が原因となっている可能性が高く、それらの被害は火災保険の風災・雪災・雹災補償や水災補償などが適用されます。つまり保険金で修繕費用をまかなうことができるのです。

しかし火災保険の申請は煩雑で、素人が行うと損害箇所の見落としや説明不足で本来支払われるべき保険金が大幅に減額されてしまうことも。そこで登場するのが火災保険レスキューです。

普通のご家庭の場合
普通のご家庭で雨漏りが起きた場合
火災保険レスキューに依頼した場合
火災保険レスキューに依頼した場合

このように火災保険レスキューにご依頼頂ければ損害に火災保険が適用されるかお調べする現地調査から申請書類の作成、修繕工事の手配まで全てサポートいたします。調査費用は無料・工事は下りた保険金の金額内で行うためお客様の実質的な自己負担額は0円です。

普通に依頼すれば時間もお金も沢山かかる雨漏り工事、火災保険に加入している方は当火災保険レスキューに任せてみてはいかがでしょうか。

otoiawase
お電話またはメールからお気軽にお問い合わせください。電話番号0120-703-250 ※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

お問い合わせNo.po12931

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

雨漏りでお困りの方へ その雨漏りご加入中の火災保険で修繕可能です 屋根修理が無料?!火災保険のお得な話 台風の被害は火災保険で修理しましょう!
ページトップ