屋根・雨どいの雨漏りは火災保険で修繕可能です!

tel.0120-703-250

お問い合わせNo.po24534

※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

雨どいの破損でお困りの方へ…

雨どい修理は火災保険で直せます!

火災保険が適用されれば0円で直せます!

雨樋破損 雨樋破損 雨樋破損
調査・相談はお電話からでも受け付けています!0120-703-250

お問い合わせNo.po24534

※お電話の際は問い合わせNoをお伝え下さい

こんなことにお悩みではありませんか?

地面に雨が落ちている音がしてうるさい、雨どいから水が溢れている、雨水で外壁が汚れている、室内がじめじめしているように感じる

雨どいは住宅に必要不可欠!

雨どい

普段生活する上ではあまり気にならないかもしれませんが、雨どいは建物に降り注ぐ雨水を適切に排出するための大切な設備です。その雨どいが破損すると、建物が直接ダメージを受けて傷んでしまいます。放っておくと建物の劣化や雨漏りに繋がってしまうおそれがあるため破損した雨どいはできるだけ早く直す必要があります。

女性
しかし!

雨どい修理は安くありません

見積もり一例

屋根や外壁ならともかく、雨どいの工事がいくらくらいかご存知の方はあまりいません。
上記は雨どい工事の見積もりの一例ですが、ご覧の通り雨どい修理は意外と高額で、建物の規模にもよりますが20~100万ほどする大掛かりな工事なのです。

雨どいの工事費用がこんなに高いなんて!早く直したいけど、費用の工面が…、とお困りのお客様に朗報です!

その雨どい

火災保険で修理できます!

自然災害による被害を補償

自然災害による被害を補償

火災保険は火災だけでなく、様々な自然災害で受けた家の損害を補償する保険です。例えば台風・突風・強風などの「風災」、積雪などの「雪災」、その他にも洪水・土砂災害などの「水災」、落雷と幅広く対象になります。雨どいの破損原因が災害によるものでしたら、工事費用をカバーすることが可能です!

火災保険は何度でも申請可能!

火災保険は何度でも申請可能!

使用すると保険料が値上がりする自動車保険とは違い、火災保険は何度申請しても保険料が変わることがありません。同じ箇所を繰り返しというわけにはいきませんが、別の災害で受けた損害であれば何度でも申請することが可能です。「去年屋根で申請したから…」という方も安心して活用することができます!

過去の損害も請求できる!

過去の損害も請求できる!

「被災して時間も経ってるし保険は無理だろう」というお声をよく耳にしますがそんなことはありません。保険の申請期限は3年以内と保険法では定められており、実際に2年前の損害に対して保険金が下りたケースもあります。ここ数年は台風や豪雪など大規模な自然災害が続いていますし、申請してみて損はありません!

でも保険申請って大変じゃない?

災害保険の申請は本来は誰にでも出来ることですが、請求漏れが非常に多いという実情があります。

それは火災保険の内容を加入者の人々があまり知らないこと、そして申請に至るまでがとても煩雑であるということが理由です。保険申請は被災箇所の調査を行い、書類や写真で保険会社に伝えることが重要になります。

しかし被災箇所の調査は素人では少し難しく、申請書類の処理も面倒です。

でも、せっかく保険に入っているのに
活用しないなんて勿体ないと思いませんか?

火災保険レスキューはお客様が保険を有効活用するお手伝いをします!

のメリット

最初から最後までサポートするから安心!

専門の調査員だからこそできる的確な判断!

お客様の自己負担ゼロを追求したプラン

3つのメリット

保険はよく分からないから不安だな…

保険の調査・申請から工事まで
全てお任せいただけるので安心です!

火災保険レスキューにご依頼いただければ、火災保険の調査・申請から工事までを一括でサポートする専門業者をご紹介します。
現地調査の際に迅速に申請を行い、担当者が工事の手配を行うためお客様のお手間は最小限となります!

いい加減な業者もいるって聞いたけど…

住宅の知識と保険申請のノウハウを
併せ持つ専門業者をご紹介いたします!

ご紹介する専門業者は建設業許可を15業種取得し、保険申請のノウハウを持ち合わせているプロフェッショナルです。この二つの知識と技術を持ちあわせているからこそ適切な保険申請、そして修繕工事がお約束できます。

※建設業許可…
建設会社が500万円以上の工事をする際に必要な資格。
15業種以上取得しているのは全国でも2%の業者のみ。
   

費用がかかると困るのよね…

お客様の負担を限りなくゼロにする
プランを追求しています!

当サイトにご依頼頂いた場合、保険適用箇所は自己負担0円で修繕工事させて頂きます。更に、保険が適用されなかった際に調査費用(2万円)以外を請求することもございません。
保険が下りなくても下りても、お客様の負担は0円となります!

火災保険が適用された雨どいの破損例

雪災や風災などの自然災害で破損した雨どいの例を一部お見せします。
これらはすべて被災が認められ、保険金が下りています。
皆様はお心当たりはありませんか?

雨樋破損例

雨どいの割れ

35万円

雨樋破損例

雨どいの湾曲

62万円

雨樋破損例

雨どいの湾曲
・沈み

53万円

雨樋破損例

雨どいの
勾配不良

43万円

雨どい以外の調査申請・工事もいたします!

スレート屋根の破損

スレート屋根の破損

軒天の破損

軒天の破損

ドアの破損

ドアの破損

瓦の浮き

瓦の浮き

カーポート

カーポート

ベランダの破損

ベランダの破損

Q&Aタイトル

Q雨どいだけでも保険申請はできるんですか?

A雨どいだけでも可能ですが、他の被災箇所があれば合わせて申請します。

古いタイプの火災保険ですと損害額が20万円を下回る場合は補償されない場合があります。しかし被災の規模や足場の有無などで金額は変動するため、一度調査をして被災箇所をまとめて申請することをおすすめします。

Q提携業者は本当に信用できますか?

Aはい、信用できる優良業者しかご紹介いたしません。

ご紹介する業者はすべて高い水準を持っています。もし万が一トラブルが発生しても、その際は火災保険レスキューが連絡を取り持つなどの対処が出来るのでご相談ください。

Q調査に立ち会わなければいけませんか?

Aはい、トラブルを避けるためにも立会いをお願いしております。

原則では火災保険のご契約者様に立ち会って頂くことになります。調査は損害箇所についてご説明しながら進めますので、お客様にも我が家の状態を知って頂けるかと存じます。

雨どいの破損を放置していると雨漏りを引き起こす危険性があります。台風シーズンに入る前に雨どいや家の損害を修理しておきませんか?

お問い合わせ・有料調査依頼のご連絡

火災保険レスキューでは有料調査依頼のご連絡をお待ちしております。お電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ